浮気の解決方法

お互いの話し合い以外での法的なとしていくつかのパターンがあります。

1 .離婚を決断したときで、慰謝料まで含めて考えている方

カップルでも、既婚者でも、どのように対応したら良いのかわからない方専用の解決方法。
不倫相手がキャバクラや、ソープランド等に通っている場合。
離婚を決定的に行う際にはしっかり自分で証拠を抑えて写真や、メモ、状況を詳しく証明ができる証明書が必要です。離婚調停などを経て離婚することになります。

事実に基づいた体験談
2. 離婚をしたいが慰謝料の請求方法がわからない方
浮気相手がしっかり判明している際にはその浮気相手の現状や行動をしっかり調査する必要があります。そのためしっかりとした綿密な調査を行うことが大切になります。
慰謝料の金額設定は専門家と話し合い決定しましょう。

3. 離婚をせずとも慰謝料を請求することが出来ます。

すべての調査を完了した時点で弁護士に相談をして、調停を申し立てます。
離婚前に、実家に戻るなりして現状の生活を一度ストップしましょう。
調停で和解が成立すれば生活費、養育費などを毎月支払われる事となります。
住宅ローンやキャッシング、カードローンの残高が残っている方にとってはかなりの負担を強いられる事となります。
離婚して生活を改善するか、もしくはそのまま生活を続行して行くかを決めますが、この時に浮気が発覚している場合には別居をおすすめします。
4. 離婚せず、そのまま出会うこともなく裁判中はプライベートでの接触の中止を要求するパターンを選択できます。

「離婚するか迷っている方は」と 検討しているようであれば相手と仲直りをすることも選択することができます。
まず浮気をしているかをよく確認することから初めましょう。
ここで浮気をしているかどうかをしっかり判断していきます。
休日出勤の理由、プレゼント購入の訳、急な出費等に関しても相談することができます。

調査報告書などが必要になります。自分のパートナーがどのような行動を取っているかを調査します
相手によっては言い訳を作り反論してくる方もいます。
「プライバシーの侵害だ」ということで逆に逆手にとってくる相手もいますので、全ては極秘に行われます。
ビデオテープを再生して自分でパートナーかどうかを確認することが大切です。
相手が非を認めないときにはやはり裁判になります、話がなかなか収まらない時には調停になります。
パートナーと離婚を考えている方にとっては離婚届が必要になります。離婚に関しては自分で考えているようにスムーズに手続きを行っていくことが求められます。
最後に物を言うのは証拠です。しっかりりとした証拠があれば裁判や調停も怖くないです。自分の理想の離婚をするには証拠が必要になります。
パートナーの性格を考え、話し合いで解決出来ると考えればこのような選択肢もあります。

相手のパートナーには内容証明郵便で接触をしないよう勧告しておくとよいでしょう。

5.その他の方法

解決方法は各事情と、経済状態によって変わります。この時にプライバシーをしっかり保護しましょう。自身または調査会社で浮気調査を依頼して、証拠を掴んだ上での法的手段です。相手の浮気現場をとらえ、証拠写真が揃った時点での交渉開始となります。

6 日時、時間、現場、証拠、を写真などとして利用

報告書の内容にも十分に裁判の時に分かりやすく、書いていきます。裁判長に分かりやすいように報告書を書きますので、プロに依頼する必要があります。自分で報告書を書くときには日時、時間、現場、証拠、を写真などとして利用していきましょう。
探偵の仕事は様々な利用方法を実現します。利用したい方はしっかり相談してから、自分の立場、またこれからの決断を決めていくことになります。もしパートナーが浮気していて、確信がないが別れたいと考えている方は専門的に法的に解決できるパートナーを見つけることから初めましょう。利用しやすい環境が整っています。そのため多くの利用を行うことが出来るようになります。
7 しっかりとした解決方法を心がけるには法的に解決する手段が有効です。

弁護士に離婚調停の依頼をすることで、慰謝料の請求を法的に行う事が出来ますので、非常に優れたて続きを行うことが出来るようになります。離婚したい方で、その後の慰謝料についてをしっかり考えていくことが必要です。慰謝料の請求の仕方がわからない方は弁護士に相談し、どのようにお金を受け取ることができるか、またどのように解決することができるのかを検討していきます。お金に関しての相談や相続についての相談なども行っています。

慰謝料の請求にはしっかりとした証拠が必要になりますので、確たる証拠を入手することができるように興信所にお願いすることで、裁判の際の証拠を証明することができるようになりますので、有効な証拠を興信所に依頼できます。

8 離婚調停にはしっかりとした証拠が必要
離婚調停を行う際にはしっかりとした自分なりの証拠を証明しないと裁判で慰謝料を認めてもらうことができなくなってしまいます。そのため離婚をしたいと考えていても、その後の人生に置いて自分でしっかり生きていくための慰謝料を受け取ることまで含めて人生を再設計することが求められます。

証拠は浮気現場や、メール、またはそれに関わる証拠になりますが、しっかりとした写真があるようであれば非常に有効な裁判になります。また興信所を利用して証人を立てることもできます。そのため興信所としての仕事内容は多岐に渡ります。クライアントが欲しい情報を、数日感の間に調査しますので、それなりの料金もかかります。そのため料金に関しては興信所に見積もりをとって即、利用していくことができるようにしていきましょう。また証拠になるメールなども大切です。調査の仕方は素人にはわからない、プロの仕事になりますので、完全に報酬性の興信所もあり、事前に見積もりをとり、利用していくことで、自分にあった料金プランの興信所を選ぶことが出来るようになります。使用しやすい興信所を利用しましょう。
9 相談料金はどこの興信所も無料のところが多く、自分で決めた興信所での取引を行うことをおすすめします。
確証はないが、自分で調査ができない方、また、パートナーに内緒で浮気調査を行いたい方は興信所がおすすめです。自分なりにしっかり興信所を選んでプロの調査を依頼しましょう。自分で調査をおこなっても確証が掴めないケースがあります。しっかりとした技術に基づいた調査は、証拠も十分に捉え、必要な分だけのお金を利用していくことが出来るようになります。探偵に依頼するときには依頼人の名前や、プライバシーをしっかり守り、依頼に答えていくことができます。依頼主にとっては非常にナイーブな問題で、調査が難解でも、即、調査を行うことができるようになりますので、時間の短縮になるとともに、信頼性の於ける証拠を獲得します。
10 パートナーに秘密で探偵に依頼する

パートナーには秘密で探偵に依頼をすることができます。また法的にプライバシーの保護もしっかり意識していますので依頼してから、パートナーとの人間関係を壊すことにはなりません。そのため十分に依頼主の方には安全な調査を実施していますので、安心です。浮気調査にかかる費用の見積もりを行い、今までに悩んでいた悩みの種をしっかり追求しましょう。興信所の利用は、浮気の証拠を実証するために必要な手続きです。

格安で探偵をオーダーするには

浮気の証拠を掴むためには、探偵(興信所)を雇うことになりますが、その費用は決して安いものではありません。
一般的な浮気調査では相場は50万円以上と考えたほうがよいでしょう。

ただし、一般的にそのような高い金額を払える家庭はそうそう多くありません。
だからといってこのまま浮気の疑いを晴らせないのも悔しいですよね。

そんな時、頼りになるのが大手の探偵事務所です。
大手の探偵事務所では、比較的柔軟に予算の相談にのってくれるところが多いです。

少ない予算でも「ゴール」が明確であれば親身になって対応してくれます。
ここでの「ゴール」というのは、探偵事務所になにを頼みたいのかをハッキリさせることです。

裁判のために浮気の証拠が欲しいのか
浮気相手の素性が知りたいのか

あなたが何を求めているかがあらかじめ分かっていれば、探偵事務所も動きやすいのです。
なにより余計な人件費をかけなくて済みます。(探偵業は大変人件費のかかる業種なのです。)

そして、浮気調査を格安で行うためにもっとも効果的な方法は時間をしぼって依頼することに尽きます。

たとえばこの日が「怪しい」とおもったら、その日1日だけの調査を頼んでしまいましょう。
浮気調査は通常1週間で50万円程度ですが、この方法なら10万円以下でオーダーもできます。

大手探偵事務所でおすすめは原一探偵事務所です。
としてTV番組での人探し企画などでは必ず登場します。

浮気調査を多数こなしており、この分野では国内有数の事務所ということもあり、裁判で使えるしっかりとした報告書を作成してもらえます。

会社名 株式会社 原一
原一探偵事務所®
代表取締役 大原一泰
資本金 8300万円
設立 1975年4月1日
拠点 全国14拠点
本社 〒103-0027
東京都中央区日本橋2-1-20 9階
加盟団体 内閣総理大臣認可法人 全国調査業協同組合 会員番号NO.3015
Cll 世界探偵社協会 MemberID NO.M654


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>